関節痛緩和・ひざ・肩・腰をらくらく動かす

首の関節痛

 私の仕事はデスクワークが多いことがたたったのか、2,3年前から首の関節痛を感じるようになりました。

 

 

 

 デスクワークをしているとどうしても、体を画面に近づけてしまうため猫背になりやすいです。

 

 

 

 そのため、1番負担のかかるのが首関節ということです。

 

 

 

 心配になった私は整形外科を受診しました。

 

 

 

 診断結果はストレートネックという、首関節が本来もっている構造である生理的な湾曲がなくなっているということです。

 

 

 

 がっくりきた私ですが、落ち込んでばかりもいられません。

 

 

 

 私は、インターネットで首関節を支えるためのサポーターを購入しました。

 

 

 

 マジックテープで巻くタイプの簡素なものですが、してみると猫背になりづらく、首が支えられてとても楽です。

 

 

 

 これにより、首関節にかかる負担を少しでも減らし関節痛を和らげるとともに、ストレートネックを治そうと思いました。

 

 

 

 さすがにサポーター1つでも、するとしないではなかなか大違いです。

 

 

 

 首の関節痛はだいぶ良くなりました。

 

 

 

 ただ、サポーターをすることに慣れすぎてしまうと、首がサポーターに頼り切ってしまうので、あくまでつらい時だけするくらいにとどめておくことが大事だと思いました。

 

 

 

 首は重要な神経がいくつも通っており、人間にとって欠かせない部分です。

 

 

 

 これからもサポーターやマッサージ、ストレッチなどでしっかりケアして、少しでも関節痛をなくしていきたいです。

膝間節痛にはグルコサミン?

ワタミの宅食でのパートで、自転車に乗って配達、膝の使いすぎで膝間節痛になってしまった私。

 

次の人が決まるまでの三ヶ月間。大雪の中を自転車をひっばって配達したり、エレベーターのないマンションの四階まで階段でのぼり下りして、それはそれは大変でした。

 

 

 

「これ以上悪化しないようにしましょう」という、接骨院の先生の言葉だけが頼りの日々でした。

 

毎朝、出勤前に接骨院で電気治療をし、湿布して包帯とサポーターという状態でしたから、雪のあとの凍った道は、すごく怖かったのを覚えていますし、よく頑張ったとも思います。

 

 

 

褒めてくれたのは、接骨院の先生だけでしたが…。

 

その内に、間節痛にはグルコサミンが効く、いうことをコマーシャルなどでも宣伝しているし、先生にも相談したりして、仁丹の会社のグルコサミンをとることにしました。

 

 

 

細かな粒で、一日の必要量1500ミリグラムを摂るには、12錠が必要と記されています。

 

1日3回食後に4錠ずつ、服用を始めて二日後、ものすごい下痢状態に。他に原因が無いので、グルコサミンのせいか、と思いました。

 

すぐに森下仁丹に問い合わせて、量を下限するように、といわれました。アレルギーが合ったのかも知れない、とのこと。

 

会社では「それではお止めください」とは言いませんよね。

 

量を下限して様子をごらんください、と言うことで、定期購入を三ヶ月に1回に減らしました。

 

 

 

整骨院には毎日通院していますし、グルコサミンも安いサプリメントではないので、かなりの負担にはなってきます。

 

朝晩2回、2錠の服用で続けました。

 

お腹のほうは何とか落ち着いてきましたが、1日の必要量が足りていないだろうことが、気になっていました。

 

 

 

そうこうしている間に、ワタミの配達の次の人が決まってバトンタッチし、自転車に乗ることも少なくなって、膝の痛みも落ち着いてきました。

 

グルコサミンも効いたのかも知れませんが、毎日の接骨院の治療も大きかったと思っています。

関節痛緩和・ひざ・肩・腰をらくらく動かす記事一覧

膝の関節痛に悩んでいます

20代の頃に運動のやり過ぎで膝を痛め、それから30余年経ちますがいまだに膝の関節痛に悩まされています。特に雨の降る日などは膝が痛みます。気圧の関係なのでしょうか。現在は家でパソコンを使った内職をしているのですが、パソコンデスクを持たずにちゃぶ台にノートパソコンを置いて床にアグラをかきながらの入力作業...

≫続きを読む

更年期障害が原因の関節痛の治療法

関節痛は様々な原因で起こりますが、その中でも身近な原因になるのが更年期障害です。更年期障害は、ほとんどの女性が経験する症状になりますが、人によっては更年期障害により関節痛になってしまう場合があるのです。まず更年期障害になると、女性ホルモンの分泌が極端に減ってしまいます。そのため体や心に様々な症状が表...

≫続きを読む

指の関節痛について

指を曲げようとしたとき急にガクツと曲がってしまうことはありませんか。そのような症状は指の関節症であることが多いです。これらの症状は親指にみられることが多く、中年以降の女性になりやすいと言われています。一般にこういった症状は「バネ指」と言われていて指の屈筋腱の腱鞘炎で、指の使いすぎによって引き起こされ...

≫続きを読む