更年期障害が原因の関節痛の治療法

更年期障害が原因の関節痛の治療法

関節痛は様々な原因で起こりますが、その中でも身近な原因になるのが更年期障害です。

 

 

 

更年期障害は、ほとんどの女性が経験する症状になりますが、人によっては更年期障害により関節痛になってしまう場合があるのです。

 

まず更年期障害になると、女性ホルモンの分泌が極端に減ってしまいます。

 

そのため体や心に様々な症状が表れてくるのですが、実は女性ホルモンは関節を円滑に動かすための重要な役割も果たしています。

 

そのため、女性ホルモンが減ってしまうと関節の滑らかさが失われ、関節をスムーズに動かすことができなくなったり動かした時に痛みを感じるようになるのです。

 

更年期障害による関節痛を防ぐためには、日頃から大豆など女性ホルモンの代わりを果たす成分を摂取することが重要です。

 

 

 

それでもどうしても関節に痛みを感じる場合には、自分で対処しようとせずにクリニックに通い治療を受ける必要があります。

 

クリニックでは、医師が女性ホルモンの状態を調べたうえで、足りない分の女性ホルモンを補う治療を行っていきます。

 

関節痛の原因となる女性ホルモンを補うことができれば、自然に関節痛の悩みを解消することができるでしょう。

 

 

 

更年期になったと同時に関節痛にも悩まされるようになった時には、医師に相談してみてください。

体の内側からの関節痛改善方法

 

私の場合、関節痛が気になってきたのはちょうど40歳を超えたあたりからでした…。

 

中学校・高校とずっとバレーボールをやっていたということもあり、よく捻挫をしていたり、

 

練習のやりすぎや試合などでの、膝のケガなども経験していたせいなのか、関節痛に悩むのが、年齢的に少し早まってしまったんだと思います。

 

 

 

夏の暑い時期にはそれほど、痛みが出ることはないのですが、やはり気温が下がる秋口から春にかけては年々膝の痛みが強くなってきたように思います。

 

 

 

そのため、できるだけ膝を冷やさないように、冬などは仕事でもスカートではなくパンツスーツなどを履くように、極力膝を冷やさないようにしたり、毎日できるだけシャワーではなく湯船に入るようにし一日の関節の疲労や冷えを取り除くようにしています。

 

 

 

ほかにも、膝の関節痛の改善と予防になるよう、体の内側からも積極的にケアをするようにしています。

 

 

 

まずは、関節痛の改善に良いとされている「グルコサミン成分」や「コンドロイチン成分」が配合されているサプリメントを毎日欠かさずに摂取するようにしたり、さらに毎日の食事の際も、骨が強化されるように「カルシウム」や「ビタミンd」を多く含んだ食材を積極的に食べるようにして関節痛の改善に努力しています。

更年期障害が原因の関節痛の治療法関連ページ

膝の関節痛に悩んでいます
指の関節痛について